誰にも負けない

最近このように1篇の文章を見て、《小口の投資家:研究員はいくつかビッグプレーヤーのは手の》を書きます。その中は海外から帰国の個人のマイクを募る呉の国内の証券の研究員に対する評価を引用して述べて、“私はこれまで国内のアナリストの報告を見ないで、彼らは集中しますの学院の派の研究で、私達は重視しますの市場の自身です。その上本当のことをありのままに言って、国内の研究報告は何組が合格でしたかがかがない。”文章は比較的に客観的に評論して、“基金を継いで証券会社の研究員を非難し終わりました後に、個人が募っても研究員の‘からかいます’を持つことを始めます。株式市場の下落に従って、研究員は受動的に‘ぬれぎぬを着せられます’の役になりました”。

  研究報告に関して、筆者はこれまですべてリードオンリーは書かないで、同じくかもしれなくそんなに高くありませんレベル、株券を選ぶ時たくさん関連している研究報告を一回読むことができ(ありえ)て、しかし本当に投資のが“印象”なことを支持して、他の人がで基礎の上で定量分析をして、自分の調査研究と問合わせを足して、最後に得る性質を決める結論。私達は返事してもっと多く企業の自身の独特な地方に関心を持って、甚だしきに至ってはとりわけ恵まれている地方で、EPSあるいはPEだけではありません。

  普通の人は研究報告の“よくありません”がとても正常だと言って、誰を構わないため、操作を報告しますによって金を儲けていないのだでさえすれ(あれ)ば、“報告がよくありません”を思って、その自身の原因となると、普通は反省のに行くことはでき(ありえ)ません。しかし人に気分が悪くならせるのはこの海外の個人の募るマイクと呉で、彼は1種のドン・キホーテで風車式の言論に挑戦して国内の研究員を批判します。彼は“マイクと呉”を叫びますけれども、しかしまだ中国の誕生の人なことを見積もって、彼が“国内の証券の研究員”に言及するため、“中国の証券の研究員”ではありません。

  “彼らは集中しますの学院の派の研究で、私達は重視しますの市場の自身です”,このような言い方の自身はとても滑稽です。学院の派はどんなよくないことがあります?《投資家の未来》の作者のジェレミー・J・Seegerなんじかつて予言のネットの泡のでたらめさ、直ちに人にののしられて学院の派を行って、しばらく多くの人は共に指して、結果のナスダック指数は5千余りから1千余り時までつまずきます。学院の派はどんなよくないことがあります?
  貴殿を言うのとなるとが関心を持ちます市場です。それでは市場は一体どんな様子ですか?誰が知っていますか?これは言うようで、“国内の研究員はぽかんとしてで新しいエネルギーを研究して、私達の関心を持った是永の動機”。惜しくて、永久機関は存在しません。たとえあなたは市場に関心を持ちますとしても、本当にあなたの方策のがまだあなたの心の中の見方ではありませんことに影響して、甚だしきに至っては自分の倉の位と株券ですか?私のいっぱいな倉、今の上海株式市場の指数の動きを見ているのは多重の底です;私の空っぽな倉、それなら今下落する中継だと思って、つまり引き続き下落する前の1つのプラットフォームは整理します。もし私は自動車の株を買うならば、それなら薄い鋼鉄の株を見て、鋼材のため値上がりしますと、自動車の企業はお金が儲かりませんでした。
  市場ただ1枚の鏡、すべての人が市場を見る時、見たのはすべて市場ではありませんて、鏡の中の自分です。ある人はもし市場に分かることができるならば、あの人の財産の金メダルはバフェットの首の上で掛かることはでき(ありえ)ませんでした。見ることを考えてみて、市場を分かって、更に大規模な融資は券に解けて、資金のてこはこじ開けられますと、残ってお金を数えます。
  バフェットは市場に分かりますに頼って(寄りかかって)金を儲けるのではありませんて、長期にわたり彼を選んでわかる良い企業を見るのです。彼の見て分からない企業も大金を儲けることができないのではありませんて、たとえばシスコ、10年1000倍膨張して、ソニーは数(何)万倍膨張しました。バフェットは勝って自分の認知の境をしっかりと守って、決してアウトになりません。ソロスのどのように儲けるお金か?大概は金融の構造の欠点を探すので、同じく彼のお年寄りが市場に分かったためではありません。
  更に研究員を言って、私達は外国の研究員どのようなことを知らないで、しかしでたらめで、でたらめで、でたらめな事も少なく発生したことがありません。一回の株の災害を出しますと、米国の証監会はいずれもいくつか研究員を整理して、あるいは裏取引のため、あるいは節操が損失があるため、しかし誰が“学院の派”な決してことができ(ありえ)ませんためです。もし《偉大な碁を打つこと》、《の株を見てみるならば師がどのようにあなたをだましたのなことを評論・評定します――ウォール街のわな者》、《すりつぶしたものの鳩の標的》、《賊の巣窟》、《うそをつく者のトランプの札》、《ウォール街の肉》、《取引先の遊覧船がどこにになります》、《ウォール街:別の1つのラスベガス》、もしかすると細いことを使わないであれらのおじさん達することなすことを見て、これらの書名を見てみて、心の中で分かっているのではありませんか?
  ここで、筆者は国外の研究員が別によくないと言いなくて、証券市場でこの利益の集まる地方を言うので、どうしても詐欺、ペテン、規則違反、わながあって、庭内の庭の外で、国内の国外、一切外。冗談をする話を言って、いつの世の中の警官がなくなって、証監会も消えてなくなることはでき(ありえ)ません。機関と規則違反者を監視・管理する戦闘は永久不変です。
  私は、国内の研究員の文章を厳しく責めて多く立ち上がることができ(ありえ)て、もしかすると市場は国外の評論に対してますます関心を持つことができ(ありえ)ますと心配しています。音を使って中国の資本市場を制御するいったんことができたら、人がいて戦わずして勝って、ある人は敗けないで敗けて、銭才に負けて知っていることを待って、“え、外国の研究員はすぐ那麼回事です。”“すぐ那麼回事”もしだけならばで、それでは悪くないと言えます。
  証券人として、私達の研究員のアナリストはやはり意地を見せるべきです。もし誰のしたすばらしさならば、正々堂々と自分の中国の名前で世界で広めることができて、であなたの起きた名前に生まれる時の家の年長者を使います。外国人を恐れないでくださいあるいは慣れないことを記憶できないで、あなたは十分にすばらしいのでさえすれ(あれ)ば、外国人はあなたのをしっかり覚えることができ(ありえ)ます。

愛知 求人
関東の求人、転職情報
関東転職理由
埼玉の希望の光
神奈川
神奈川、横浜、みなとみらい
戦略コンサルタント日誌

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。