シスコシステムズ

シスコは売上高104億ドル、純利益で20億ドルくらいあるネットワークのトップブランド企業です。

シスコは高機能のルーターや、スイッチを製造、販売している企業です。
8月1日《反独占法》の公布に従って、先日かつての“反対に旗手を独占します”の方興東の筆頭になる“インターネットの実験室”からその結合の各領域の20名近くの専門家の学者の完成の《中国のハイテクの領域が反対に調査レポートを独占します》を公表して、これは“国内の初が調査レポートを独占します”ですと見なされて、報告はインターネット、マスコミ、ソフトウェア、コンピュータ、半導体、電気通信、ITサービス、デジタルなど約10の大きい業界に関わって、その中のマイクロソフト、インテル、テンセント、中国モバイル、中国電信、は宝、アリババ、を洗って大衆、IBM、シスコ、を分けてNokia、Oracle、SAP共に37軒の企業がすべて反対の独占のブラック・リスト(の重大ニュースの参考:のhttp://newsに行きました.newhua.com/news1/net/2008/85/0885152216JA670IA8B299KAAI4C6HDE1EJ944F87EF35HI5950IDGA.html?lt=common)。

このブラック・リストの中で、本人はインターネットの業界13軒の会社に対して異なる見方があって、百度、テンセントを報告しますとによって宝を洗っておそらく第1陣に入れられて反対に訴訟の中で独占することができ(ありえ)ます。しかし本人は上述の13軒の企業が皆独占を構成すると思っています。理由は次の通りです:(1)反独占法の総則の第一条によって規定の:独占行為を予防して制止するため、市場の公平な競争を保護して、経済運営の効率を高めて、消費者の利益と社会の公共の利益を守って、社会主義市場経済の健康な発展を促進して、当法を制定します。経済の効率の実現と公共の利益の保障にわかるのは反対の独占の根本の基本的な目的で、現在からインターネットの業界の実際の情況は見て、これらの企業は社会の経済運営の効率の高まる作用を促進するのが著しいですについて。べつに法律の言った危害の情況が現れません。(2)インターネットの実験室は《中華人民共和国の反独占法》第18条の関連している決まりを参考にして国際と関係があります経験して、独占の評価方法に対して4つの評価の指標を出して、つまり:A.市場占有率、経営者の関連している市場での市場占有率を指します;B.市場の制御力、経営者が販売市場、原材料に対して市場とその他の経営者のコントロールの程度を仕入れることを指します;C.企業の実力、経営者の財力と技術の条件(持った特許、知的所有権の情況などを含みます)を指します;D.業界の安定性、経営者が業界の熟している度(度合)、競争の程度、不確定な要素などにつきあったことを指します。全体は上がってきて見て、これらのインターネットの企業はすでにとても強い知名度と実力を持ちますけれども、しかしインターネットの業界が伝統の業界の変化する高速の業界に比べてひとつなため、そのため全体が上がってきてこれらの企業がすべてそれとも不安定な市場の地位があることを見て、そのため、またかなり独占して深刻な危害の事態を生むことを達成することと言えません。(3)これらの企業の独占する業界/領域に対して見にきて、わりに大きい問題が存在したので、一方では明らかな交差が存在して、一方は大きい取って代わって関連している業界の競争の取って代わる者が存在して、たとえば多くて垂直のウェブサイトの戸口に対する取って代わることと分かれること、インターネットの捜索の方式の取って代わることを移動して、網易の電子メールはIMツールのにサービスしてと取って代わって交差して、これらはすべて名簿の企業に入れますにすべて激烈な市場競争に直面されていることを表明して、いつでもすべて新技術、新しいモードの出現のため新しい入る者に取って代わられてあるいは再びカードを切るかもしれません。

そのため、全体は上がってきて見て、調査レポートは真剣に反独占法のを研究して各条項国外の訴訟の実例の経験を定めて参考にしますが、しかし個人はインターネットの業界の企業の問題に対応する上に十分にこの業界の特徴が濫用する疑いがあることを考慮に入れると思っています。それ以外に、インターネットの業界は著しいことを持って効果と果てのコストを集めて蓄えて効果を少しずつ減らして、1つの良い製品/使う人にサービスして越えます多くもっと更に多くの人の需要を満たすことができることを表明して、そして最大の化の下がる単独の使うコスト。そのため、簡単に伝統の業界のいくつかで標準的にインターネットの業界を判断することができません。

営業マン
一夜にして営業マンになった男
自分が輝ける企業で働く
投資
投資
卓上の貴公子
自ら書き出すコンサルタントとして力

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。